スポンサーサイト

--–--–-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FC2ブログランキング】

中華料理とお母さんの話

2013–01–09 (Wed)
今日はどうしてもC町の中華料理店に行かなければならない。

その中華料理店に向かうのだが、中々到着できない。
行けども行けども、さっきと同じ交差点に出てくるんだ。

何故かはわからない。

しかも、その交差点には常にお母さんが立っている。
お母さんは僕に口うるさく告げるんだ。

「その店に行っても、会いたい人は待っていないよ。」

そんな訳はない、確かに約束したんだ。
だから僕はその店に向かっているわけだ。

重くなる歩を進めるが、いつまで経っても同じ交差点に出てくる。

何だか眠くなってきたな。僕はいつの間にか眠っていたんだ。

夢を見ている。

その夢の中でも僕は中華料理店に向かっている。
交差点にはやはりお母さんが立っている。
何か叫んでいるようだが何を言っているか聞き取れない。

なぜだろう、あんなに叫んでいるのに。

また僕は眠くなってきた。また夢を見たんだ。

その夢の中でも僕は中華料理店に向かっている。
交差点にはやはりお母さんが立っている。
今度は叫び声がはっきりと聞き取れる。

「お願いだから、早く目を覚ましてちょうだい!」

僕はびっくりして目を覚ましたんだ。
目を覚ますと、僕はお母さんの膝の上だったんだ。
目を覚ました僕にお母さんはやさしくこう言ったんだ。

「早く起きないと帰って来れなくなるよ。」

僕は起きているのに変なことを言うなと思っていたら、
お母さんは急にいなくなった。

あたりを見回すとそこはさっきの交差点だ。
今度は見知らぬおじさんが叫んでいるんだ。

「もうお前は帰れないよ」

僕は驚いて目を覚ました。
目を覚ますと、そこはやはりさっきの交差点だ。

そこには誰も立っていなかった。



【FC2ブログランキング】

« 黒いポルシェの話 | HOME |  山の話 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://nobishin.blog35.fc2.com/tb.php/268-60890e4f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Kim

Author:Kim
元ヲタク化総本部所属 金星支部長
現在、しがない事務職
性別:男
年齢:40代

google adsense

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。